コンタクトレンズの通販関連情報

HOMEコンタクトレンズの種類について

最終更新日:2017/09/19

コンタクトレンズの種類について

コンタクトレンズ

コンタクトレンズの種類は意外と多いと知っていましたか?
既にコンタクトレンズを使用している人にとっては当たり前のことですが、初めて使う人にとっては未知の世界。
初めて利用するコンタクトレンズがどのようなものなのか?と知っておきたいと考えるのは、至極当然のことと言えるでしょう。
まずは種類の豊富さを実感して、どのコンタクトレンズを使用していくか?の選択肢を広げていくことがベストだと思います。
それを踏まえ、眼科の先生を始め、コンタクトレンズに精通した人と十分相談して決めていくことが重要になってきます。
その前準備として、以下より、コンタクトレンズの種類について触れていきます。
■種類は2つ「ハードレンズ」と「ソフトレンズ」
まず基本中の基本である、ハードレンズとソフトレンズという2つの種類になります。
イメージ的に、ハードレンズは価格が高いですが、その人用にオーダーメイドされたコンタクトレンズとなるため長く使うことができる。
そして、ソフトレンズは、最長でも30日の使い捨てコンタクトレンズといったところでしょうか。
これはこれで正解のため何ら問題はありません。
ただ、頭に入れておきたいのは、ソフトレンズでもその人用にオーダーメイドして長く使う場合もあります。
当然、ハードレンズでも使い捨てのケースも。
あくまでも、ハードレンズはハードレンズで、ソフトレンズはソフトレンズのものがあるという認識でよいかと思います。
■ソフトレンズの場合は使い捨てと定期的に交換するタイプに
ソフトレンズは、さらに細かく分類することができます。
それが、1Dayや2Weekのような使い捨てタイプと、ハードタイプのように長く使うソフトレンズも存在します。
後者のソフトレンズは、中々見ることはありませんが。
多いのは、やはり、1Day、2Week、そして1Manthの交換式になります。
特に1Dayは安全性も高く、ケアも楽なので、最近、高い人気を集めているコンタクトレンズになります。
■どれも一長一短があるため自分自身の生活にあったものを選ぶこと
これだけ種類が出てきてしまうと、どれを選んだらよいのか?と分からなくなってしまいます。
当然、どのコンタクトレンズも一長一短があるため、それを理解して決めていく必要があります。
例えば、眼鏡はサブアイテムであり、メインでコンタクトレンズを使っていきたいのであれば、ハードレンズを使用すれば、金銭的にも良いですし、生活も楽になることでしょう。
と、繰り返しになりますが、このように自身の生活にあったものにすればよいです。

一覧はこちら

コンタクトレンズの通販ランキング

TOP